img_02

介護で大切な口の中のケア

高齢化が進み介護を受けるお年寄りの方が増えてきました。

また病気になり長期入院をしている方も多くなっています。


父親が入院した時に昔とは違った事に気が付きました。

それは口の中を清潔にする為に、看護師さんや介護の方達が歯磨きをしきりに気にしていたことです。

具合が悪くて入院していれば顔や手や口の中を清潔にしようというのは二の次になりがちですが、食事の前には温かいおしぼりが配られて顔や手を拭いたり、拭けない方には拭いてくれていました。食事の後は歯磨きをしましたかと常に聞かれました。

歯科で入院した訳でもないのになあと思うほど現在の病院での口腔ケアは重要になっています。

そこには口の中には細菌があり口の中を清潔にしていないと肺に菌が入り込み、様々な病気の引き金になる恐れがあるからなのです。
歯が入院中に虫歯にならない様にだけではありませんでした。とくに父のように高齢で介護が必要な方達は唾液が少なくなり食べ物を上手く呑み込めなくなってきます。元々人間の口の中には自浄作用と言う自分で口腔内を清潔に保つ機能が備わっています。

歯の表面や歯の隙間や舌に付いた細菌や汚れを唾液が洗い流してくれるのですが、高齢になってくるとその機能が低下してきます。

ですから意識的に口腔内をケアしないと口の中が汚れやすい為に歯周病や虫歯になり易い事が解かってきました。

父は車椅子でしか移動できない為に、思うように歯医者に通えずにいるうちに歯がどんどん抜けていきました。

現在は訪問介護の先生が自宅まで来てくれるので清潔に保てるように指導していただいています。


http://www.roujinhome-shoukai.or.jp/
http://www.jiseikai.or.jp/sitemap.html
http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/service/001/000138.htm

福岡の有料老人ホームについて気になる方はこちらです。

あなたの知らない医療系国家資格情報ならこちらのサイトです。

これからは江東区の訪問看護の口コミや評判を紹介しています。

福岡の有料老人ホームを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

目的に応じた言語聴覚士の情報を今すぐ確認できます。